酵素とダイエットの深い関係

酵素は、人間が生きていく上で必要不可欠なもので、大きく分けると、食べ物を消化し、栄養素を取り出す役割と、栄養素を必要な場所に運搬し、活用する役割とに分けることができます。この役割だけを聞くと、ダイエットに効果があるのかどうかがはっきりとわからないかもしれませんが、酵素はダイエットと非常に深い関係があるってしっていましたか?
今回は、酵素が、ダイエットにどう関わっているのかについてご説明します。

1.消化酵素と代謝酵素

酵素には、大きく分けて2つの役割があると説明しました。初めに、食べ物を消化し、栄養素を取り出す役割ですが、こちらは「消化酵素」が担当します。続いて、取り出した栄養素を必要な場所に運搬し、活用する役割は「代謝酵素」が担当します。
消化酵素と代謝酵素は、ともに体内で生成されますが、体内で生成される酵素の数には限りがあります。その限りある酵素は消化酵素と代謝酵素に分配されますが、まずは栄養素を取り出す消化酵素が必要な分、生成され、余った分で代謝酵素が生成されます。
消化酵素は、優先的に生成されるため、足りなくなることはほとんどありませんが、代謝酵素は後から生成されるため、消化酵素が多く生成されてしまうと、生成される量が減ってしまいます。
代謝酵素は、生命維持に必要な部分から栄養を補給していきますので、数が少ないと最低限、生きるために必要な部位にのみ栄養素がいきわたり、残りは使用されることがありません。消化酵素によって栄養素が取り出されているにも関わらず、使用されることがありませんので、それらは体内に蓄積されることとなります。

2.摂取カロリーと消費カロリー

では、ダイエットの基本的な考え方に戻ってみましょう。
摂取カロリーは食べた物に含まれているカロリーの総量で、消費カロリーは代謝や運動によって消費したカロリーとなります。摂取カロリーが消費カロリーを上回っている場合は、体内に余計なカロリーが蓄積されるため太る結果となり、消費カロリーが摂取カロリーを上回っている場合は、体内に蓄積されたエネルギーを消費している状況ですので痩せる結果となります。
つまり、ダイエットする場合は、摂取カロリーよりも消費カロリーが上回るようにしなければなりません。

3.酵素とダイエット

代謝酵素が少ないと、摂取カロリーが少なくても、必要な部分に栄養素を運ぶことができませんので、結局のところ、カロリーを消費することができません。そのため、食べる量を減らしたとしてもダイエットの効果は期待できないのです。
逆に食べる量は多かったとしても、代謝酵素がしっかり生成されていると、体内の必要な部分すべてに栄養素を運び、活用することができるため、太りにくい体質になることができるのです。
では、代謝酵素を増やすにはどうすればいいと思いますか?
答えは「消化酵素の生成を少なくする」ということです。具体的には、消化を助けるためによく咀嚼する、消化のいい食べ物を多くとり、消化に必要な酵素の量を減らすといった対策や、食物酵素と呼ばれる消化を助ける酵素を摂取するという方法があります。

このようにして、消化酵素の生成を抑えることで、代謝酵素の量を増やし、ダイエットしやすい体質に変えていくことが可能となります。

関連記事

  1. 食物酵素について
  2. 花粉症 花粉症と自律神経の関係
  3. 睡眠の質
  4. 幸せホルモンと成長ホルモン
  5. 整った生活リズムとは
  6. リンパ(液)とリンパ節のはたらき
  7. 東京からお客様が来られました
  8. 正月に太りにくい方法と食べ方
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP