酵素が不足すると睡眠の質が低下する!?

酵素の機能は栄養を取り込むことですので、睡眠中よりも活動中のほうが重要と思われがちですが、酵素と睡眠には非常に深いかかわりがあるのです。ここでは、睡眠と酵素がどのように関わっているのかをご説明いたします。

1.酵素が作られるのはいつ?

酵素は、食べた物から栄養を取り出して、臓器などに栄養を供給する機能がありますので、食物を食べてからが忙しく活動するタイミングになります。さらに、人間が活動する際に使用するエネルギー(カロリー)も酵素が運んできますので、人間が活動している間は、酵素も働き続けているということになります。
では、夜間や深夜といった人間が寝ている間は何をしているかというと、酵素は臓器をチェックして、問題がある場所を修復(新陳代謝)するという仕事をしています。さらに、酵素そのものもチェックしており、不足している酵素を作り出すということも行われています。これらの修復の時間は20時~翌日の4時頃に行われているといわれています。
しかし、20時~翌日の4時頃に起きて活動をしていると、酵素は人間が活動している場合の働きを行って、修復活動を行うことができないのです。そのため、この時間帯に頻繁に活動していると、酵素が不足してしまうことになります。

2.酵素が減ると眠れない?

夜間に活動していると酵素がなかなか作られませんので、結果として酵素が不足してしまいます。酵素には、新陳代謝を促す役割もありますが、酵素の数が少ないと、思ったように新陳代謝が行われません。新陳代謝が低下すると、血流が滞ってしまいますので、うまく体温調節ができなくなってしまい、身体が「冷えて」しまいます。
人が寝ようと思った場合、寝付く前に身体から熱を放出しますが、初めから身体が冷えてしまっていては、熱が放出できずに寝付くことができません。そのため、なかなか寝付くことができずに、睡眠の質が低下してしまうことになるのです。

酵素が不足すると、なかなか寝付くことができなくなってしまい、夜間に寝付くことができないと、酵素が生産されずに酵素が不足してしまうため、非常に悪循環に陥ってしまいます。一度、この悪循環に陥ってしまうと、意識しなければ、なかなか抜け出すことができません。もし、この悪循環に陥ってしまっていると感じた方は、一度、寝る前にストレッチを行い、血液の循環を高めるか、温かいココアを飲んで身体を温め、しっかりと睡眠をとる必要があります。

関連記事

  1. 副交感神経について
  2. リンパとは
  3. 食物酵素について
  4. 幸せホルモンと成長ホルモン
  5. 自律神経とは
  6. 人はなぜ太るのか
  7. リンパ(液)とリンパ節のはたらき
  8. 酵素とは?パート2
2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP