腸内細菌と酵素の深い関係

人間の腸内には、多くの細菌が生息しているのをご存知でしょうか?有名なところでは、ビフィズス菌や乳酸菌といった細菌が、人間の腸内に生息しています。ビフィズス菌や乳酸菌は、某乳飲料で非常によく聞く名前ですが、ご自分の腸内のどこで何をしているかを知っている方は少ないのではないでしょうか?
今回は、そんな腸内の細菌の役割と、酵素がどう関わっているのかをご説明いたします。

1.腸内細菌の役割

腸内の細菌には、次のような役割があります。
①体内に侵入してきた毒素や細菌を排除する。
②発がん物質を分解する。
③抗生物質の副作用を防止する。
④酵素を作り出す。
⑤ビタミンを作り出す。
⑥ホルモンを作り出す。
⑦自然治癒力を高める。
⑧代謝の働きを助ける。
これらは、ほとんどが大腸で行われており、そこで活躍するのがビフィズス菌なのです。一方、小腸では、主に腸の免疫を高める役割を担っており、そこで活躍するのが乳酸菌となっています。そのため、腸内細菌の主役はビフィズス菌で、裏方が乳酸菌ともいえますが、実は腸内には1,000種類、1,000兆個の細菌が生息しているといわれており、ビフィズス菌と乳酸菌だけが重要というわけではありません。ビフィズス菌や乳酸菌のような善玉菌の他に、腸内には大腸菌やウェルシュ菌といった悪玉菌、日和見菌といった細菌も存在しますが、これらの菌にもしっかりした役割があります。例えば、悪玉菌だからといって、すべて排出してしまうと、赤痢菌やコレラ菌に抵抗することができなくなってしまいます。

2.腸内細菌と酵素の関係

腸内細菌の役割の1つに「④酵素を作り出す。」というものがあります。人間にも酵素を作り出す力はありますが、その種類はあまり多くありません。一方、腸内細菌は1,000種類もの細菌が存在しており、作り出せる酵素の数は人間のおよそ150倍といわれています。つまり、体内の酵素の大半が、腸内細菌が作り出した酵素とも考えられるのです。例えば、人間だけでは消化できないセルロース(食物繊維)であっても、腸内細菌が分泌した酵素であれば消化できるのです。

そのため、腸内細菌が元気に活動していないと、体内で作り出される酵素の種類が少なくなってしまいます。酵素は、人間が活動していく中で、栄養を取り込み、それを分配する機能がありますので、その酵素の種類が減ってしまうと、効果的に・効率的に栄養素を取り込むことができなくなってしまいます。
ですので、腸内細菌を増やすということは、酵素を増やすということにつながり、結果的に健康的な身体を手にすることができるということになります。

関連記事

  1. 花粉症 花粉症と自律神経の関係
  2. 幸せホルモンと成長ホルモン
  3. 整った生活リズムとは
  4. 酵素とは?パート1
  5. ダイエットには睡眠も大事?
  6. 代謝酵素について
  7. 正月に太りにくい方法と食べ方
  8. 酵素が不足すると睡眠の質が低下する!?
2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP