消化酵素について

一般的に酵素と呼ばれるものには、消化酵素と代謝酵素、食物酵素という3種類の酵素があります。今回は酵素の中の「消化酵素」についてご説明します。

1.消化酵素とは

酵素は、食べたものから栄養を取り出し、それを身体の中に運んで有効に使う機能や、栄養が取り出された後の食べ物を排泄物として体外に排出する機能があります。消化酵素は、これらの機能のうち、栄養素を取り出す機能を担っている酵素になります。
消化酵素の「消化」という言葉は、みなさんが普段使っている「食べ物を消化する」というところからきています。消化酵素は、食べたものが消化されるとき、つまり食べたものが分解されているときに、その中から栄養素を取り出すという役割があるのです。

2.消化酵素の種類

実は、一口に消化酵素といっても、1種類の酵素で構成されているわけではなく、分解される栄養素によって、消化酵素の中にも3種類の酵素が仕事を行っています。
1つ目は炭水化物分解酵素といって、代表的なのは唾液になります。炭水化物分解酵素は、主に炭水化物からエネルギー(糖)を作り出す役割を担っています。例えば、デンプンをマルトースという麦芽糖に変えるのも、この酵素の役割になります。
2つ目はたんぱく質分解酵素です。代表的なのは胃液になります。たんぱく質分解酵素は、筋トレを行っている方はなじみの深い「たんぱく質」を「アミノ酸」に変えるという役割を持っています。つまり、理想的な筋肉をつけるためには、たんぱく質分解酵素が必須というわけなのです。
3つ目は脂肪分解酵素です。胃液や腸液に含まれている酵素で、トリグリセリドという脂肪をモノグリセリドや脂肪酸に分解する役割を持っています。これによって、脂肪をエネルギーに変換しやすい物質へと作り変えているのです。


消化酵素は、体内に栄養を取り込むための酵素ですので、しっかりと働いてもらわなければなりません。では、どのように消化酵素に働いてもらうのかというと、実はそう難しいことではありません。
消化酵素の種類で説明した通り、唾液に消化酵素が含まれています。ですので、食べたものをすぐに飲み込むのではなく、しっかりと噛むことで唾液に含まれる消化酵素がしっかりと分解を行い、栄養を取り出すことになるのです。唾液は、咀嚼すればするほど分泌されますので、しっかり噛むということは、それだけ消化酵素の働きを促進するということにつながるのです。

関連記事

  1. 交感神経について
  2. 酵素とは?パート1
  3. インフルエンザ インフルエンザB型 とは??
  4. 質の高い睡眠に!「レプチン」と「グレリン」とは
  5. 酵素とは?パート2
  6. 酵素とダイエットの深い関係
  7. 花粉症 花粉症と自律神経の関係
  8. 幸せホルモンと成長ホルモン
2020年2月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
PAGE TOP