副交感神経について

自律神経である交感神経と副交感神経は、それぞれ活動中に機能する神経と、休息中に機能する神経という役割があります。交感神経と副交感神経は、どちらか一方が機能しているときには、もう一方は機能を停止するという特徴があります。

今回は、自律神経のうち、副交感神経の役割についてご説明致します。

1.副交換神経の役割

副交感神経は、自律神経の1つで、休息中に身体を修復するという機能があります。例えば、入浴中やコーヒーブレイクの間、就寝時などといった、緊張やストレスが生じないときに副交感神経が機能するのです。

活動中や緊張している間、ストレスを感じている間は、それらを克服するためにエネルギーを消費しますが、リラックスしているときには、活動に対するエネルギーの消費は必要ありません。ですので、副交感神経が機能している間は、肉体的なエネルギー消費ではなく、主に内臓系を働かせるためにエネルギーを消費しています。

内臓系の働きが活発になると、消化を促進したり、新陳代謝が進んだりと、身体を修復したり、疲労を回復するといった効果があります。

2.副交感神経があまり使われない場合

副交感神経は、心身ともにリラックスしているときに機能します。そのため、肉体的には休憩しているが、過度な緊張やストレスが生じている場合、例えば、職場で重要な案件があり、その発表を行う直前の休憩時間のような場合は、身体は休めていても心は緊張やストレスが生じていますので、交感神経が機能している状態となり、副交感神経は機能していません。

適度な緊張やストレスは、バランス良く交感神経と副交感神経を切り替えるためにも必要なことですが、過度な緊張やストレスが生じている場合は、副交感神経がほとんど使われないという状況になってしまいます。

副交感神経があまり使われない場合、身体の修復や疲労の回復が追いつかず、朝起きても体が重い、疲れが取れないといった症状が発生してしまいます。

3.副交感神経を使うためには

副交感神経を使うためには、心身ともにリラックスする必要があります。そのための方法は様々ですが、最も手軽な方法は「マッサージ」となります。マッサージを受けている間は、普段、たくさんのストレスを貯めている人であっても、一時的に心もリラックスしますので、副交感神経の働きが促進されます。

マッサージは、肉体的に疲れている方の他に、ストレスによって副交感神経の働きが少ない方にもオススメの疲労回復方法となります。

関連記事

  1. 花粉症 花粉症と自律神経の関係
  2. 消化酵素について
  3. 酵素とは?パート2
  4. 東京からお客様が来られました
  5. インフルエンザ インフルエンザB型 とは??
  6. 自律神経とは
  7. 睡眠の質
  8. 交感神経について
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGE TOP