代謝酵素について

一般的に酵素と呼ばれるものには、消化酵素と代謝酵素、食物酵素という3種類の酵素があります。今回は酵素の中の「代謝酵素」についてご説明します。

1.代謝酵素とは

代謝酵素は、人間が食べた物から栄養を取り出し、それをうまく使うための「酵素」の役割のうち、栄養を使うことを得意とする酵素になります。具体的には、呼吸をするために肺を動かす、血液を流すために心臓を動かすといったように、人間のあらゆる臓器に対して、それを動かすためのエネルギーとなる栄養を使ってうまく動かしているのが代謝酵素なのです。

2.代謝酵素が不足していると痩せにくくなる?

代謝酵素が不足していると痩せにくくなるということを聞いたことがあるでしょうか。代謝酵素は、人間のあらゆる臓器を効率的に動かして生命活動を維持する働きがあります。そのため、代謝酵素がなければ、人間は生きていくことができません。そのため、代謝酵素が減ることは、あまりいいことではないのです。
代謝酵素が減ると、残った代謝酵素は、人間が生きるための最低限の活動を最優先して行うこととなります。そのため、呼吸をする、血液を循環させるといった機能を重点的に行い、それ以外の生きることにすぐには影響しないことは後回しにしてしまうのです。
そのため、ダイエットを行うために必要な新陳代謝や筋肉の活動などは、すべて後回しとなってしまうのです。これが、代謝酵素が不足すると痩せにくくなるといわれる理由です。
さらに代謝酵素が不足してくると、免疫力や自然治癒力も後回しにされてしまいます。そのため、疲れやすくなったり、風邪をひきやすくなったりという症状も出てしまいます。

3.代謝酵素を増やすには

代謝酵素と消化酵素は、体内で作成されます。しかし、作成される量は一定で、不足しているからといって大量に作成されるわけではありません。そこで、一定量しか作られないのであれば、使う比率を意識的に変えることで、代謝酵素を多く作らせることができます。
例えば、一日に作られる酵素が100で、消化酵素に70使っている場合、代謝酵素は30しか作られません。しかし、消化の負担を減らすことで、消化酵素を60にすれば、代謝酵素を40作れるということになるのです。
では、消化酵素を節約するためにはどうすればいいのでしょうか。答えは、消化の負担を減らすこと、つまり消化のいいものを食べる、よく噛んで食べるといったことによって、消化酵素の使用量を減らすことができるのです。


このように、代謝酵素は生きていく中で必要不可欠な酵素で、ダイエットにも重要な酵素となっています。そのため、体内でしっかり作成できるよう、消化酵素を抑える食べ方を心がけてみましょう。

関連記事

  1. 酵素とダイエットの深い関係
  2. 腸内細菌と酵素の深い関係
  3. 正月に太りにくい方法と食べ方
  4. 副交感神経について
  5. 正月太り 正月太り解消ダイエット方法をご紹介!
  6. 酵素が不足すると睡眠の質が低下する!?
  7. 質の高い睡眠に!「レプチン」と「グレリン」とは
  8. 消化酵素について
2020年2月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
PAGE TOP