ダイエットには睡眠も大事?

みなさん、【効果的なダイエット】効果的なダイエットと聞くと、みなさんが想像されるのは「運動してカロリーを消費する」「食事を制限してカロリーを抑える」という2つのパターンではないでしょうか?
もちろん、摂取カロリーと消費カロリーの管理も当然大切ですが、他にも大切な要素があります。
それは「睡眠」です。睡眠とダイエット、あまり関係がなさそうですが、実はダイエットの成功に睡眠は欠かせないのです。
では、なぜダイエットに睡眠が必要なのか、という疑問を解決するために、今回はダイエットにとって睡眠の役割について確認してみましょう。

睡眠によるダイエットの効果

初めに、本当に睡眠にダイエット効果があるのかを確認してみましょう。
すでに、海外では睡眠と肥満の関係について研究がおこなわれており、睡眠時間が7時間~8時間程度の人が最も肥満度が低く、7時間未満もしくは8時間超の睡眠時間の人ほど肥満度が高くなる傾向があるということが分かっていまるんです。つまり、睡眠時間が長すぎても、短すぎても肥満度がアップしてしまいす。
特に、睡眠時間が短すぎる方は注意が必要です。なぜなら、7時間~8時間という適正な睡眠時間が取れている人と比較すると、5時間睡眠の方は50%、4時間以下の方は73%も、肥満度が上昇してしまいます。
つまり、睡眠時間と肥満度には、密接な関係性があるということです。

適度な睡眠にダイエット効果がある理由

では、なぜ睡眠がダイエットに効果があるのでしょうか?その理由は、「レプチン」と「グレリン」という2つのホルモンが影響しています。
「レプチン」というのは、脂肪細胞によって作り出されるホルモンで、食欲を抑制するという役割を持っています。
一方、「グレリン」というホルモンは、胃で産出されるホルモンで、食欲を増進するという役割を持っています。
この2つのホルモンバランスが取れているときは、食事を取らなさすぎるときは「グレリン」が働き、食事を取りすぎているときは「レプチン」が働くというように、バランスの取れた空腹感・満腹感が得られます。
しかし、睡眠時間が短い場合、「レプチン」が減ってしまい、「グレリン」が増加してしまいます。つまり、バランスが取れている状態よりも、食欲が増進されてしまうということになります。その結果、通常よりも食事を摂りすぎてしまう結果に・・・

最後に

これらのことから、ダイエットを成功させるためには、適度な「睡眠」によるホルモンバランスの調整が必要不可欠ということになるのです。

お客様自身が、質の高い睡眠を十分(適度)にとり、痩せやすい身体作りをすることでriruでは効果的なダイエットをご提案します。

関連記事

  1. 東京からお客様が来られました
  2. 正月に太りにくい方法と食べ方
  3. 整った生活リズムとは
  4. 酵素とダイエットの深い関係
  5. 人はなぜ太るのか
  6. 睡眠不足はダイエットの敵! 太らないための眠り方
  7. 幸せホルモンと成長ホルモン
  8. 海洋療法(タラソテラピー)って?
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP